お客様の期待を超える
技術への挑戦

技術開発
その1

半導体産業を下支えする技術

当社が取り扱っているポリイミドは主に半導体用途向けの素子保護膜として展開されています。
ポリイミドは有機物でありながら無機物に匹敵する程の耐熱性や耐環境性を有しているという特徴があり、非常に魅力がある製品です。半導体用途においても今後更に過酷な環境下における信頼性の確保が重要で、当社の活躍できる領域は広がっていくことが期待されます。
半導体を適用する製品がますます増加する中で、当社製品は半導体産業を影で支えているという気概を持ち、日進月歩の半導体技術に対応すべく、新製品開発に日々取り組んでいます。

お客様と共に製品を作り込むやりがい

当社はポリイミドを主製品に取り扱っている化学会社ですが、製品をお客様に納入しただけでは最終製品の形態には程遠く、お客様での各種製造工程を経ることで、初めて最終製品の形態になります。入社当初、化学メーカーは材料を納入することが主業務であり、加工工程はお客様がリードしていくものだと思っていました。しかし、実際にはお客様の製造工程に対して、当社材料がより適切に機能できるように様々な提案をし、お客様と意見交換をしながら、最終製品を作り上げていく事が必要であると感じています。
材料に対する深い知識は勿論のこと、生産に関わる装置、生産プロセスに関する知識を総動員してビジネスを展開できる環境にある技術開発は、大変な業務ではありますが非常にやりがいのある職場であると感じます。